バンダイ「ころがスイッチドラえもん」は、ブロックとスロープ、ひみつ道具スイッチでコースを組んで、ゴールのドラえもんにボールを届けるアナログプログラミング玩具です。ひみつ道具スイッチのアクションを工夫してコースに取り込むことで、「考える」「組み立てる」「試す」「直す」の4つのステップを体験することができ、論理的に物事を考える力や、試行錯誤しながら正解を見つける力などの「プログラミング的思考」が身につきます。
tegusuでは「ころがスイッチ」シリーズのVIの設計、パッケージデザインなどを担当。現在ではワープキット、ジャンプキット、デラックスキット、ボックスステージキットなど、次々に新商品が発売される人気シリーズとして親しまれています。


Bandai’s Corogaswitch Doraemon is a toy designed to learn programming through building a course with blocks, slopes and Gadget Switches and delivering a ball to Doraemon at the end of the course. By thinking how to use those Switches in the course, children can experience the four steps: “think”, “build”, “try” and “fix”. This experience enables children to learn computational thinking such as the ability to think logically or find solutions through trial and error.
tegusu has designed the visual identity and packages of the “Roll and Switch” series. The series has been popular as new items like Warp Kit, Jump Kit, Deluxe Kit and Box Stage Kit have come out one after another.


ロゴタイプは、カラーの異なるいくつかのパーツを組み合わせ、ひらがなやカタカナの一部にボールの動きを取り入れることで、コースを組み立てていく楽しさを伝えています。パッケージデザインは、ひみつ道具のアクションを中心に、空間にブロックやスロープが浮遊するように配置し、創造力によって自由に立体的な構造を生み出せる楽しさを表現しました。

The logotype is designed to convey the fun to build courses with the parts in different colors and the moving ball among the Japanese characters. The gimmicks of the Gadgets are demonstrated in the middle of the package with floating blocks and slopes surrounding them to express the fun to create 3D structures creatively and freely. 


Client : BANDAI Co., Ltd.
Direction, Graphic Design : Masaomi Fujita / tegusu Inc.
Graphic Design : Yu Kuramoto, Ryoko Miyoshi / tegusu Inc.

Check out our latest project :


Thank you for watching.

other project

Back to Top